買取してもらえる切手の種類を知ろう

切手の種類によって買取額は違う?

持っている切手が買取してもらえる切手の種類かどうか、まずは知らなければ買取依頼もすることができません。切手の種類について、ちゃんと自分で知っておく必要があると思います。切手の種類は、普通切手・記念切手・特殊切手など分けられています。普通切手は、いわゆる郵送物を発送するときに普通に使用するような切手のことを指しており、この場合はあまり希少性は感じられません。

記念切手

記念切手や特殊切手に関しては、発行枚数が少なく現在も発行していないものとなると、希少性が高まってコレクターの間で高く取引されるため、必然的に買取価格も高くなります。定価の何十倍、となることもあります。

特殊切手

また、知っておいてほしいのが、種類は一緒であっても地域によって買取額が変わるということ。主に都市部での買取が高くなりやすいので、都市部に本社がある買取業者を選べるといいですね。こういった点はあまり知らないことも多いため、ちゃんと自分で知識を仕入れておく必要がありそうです。私も事前に調べておいたことで、損することなく買取を依頼できました。

同じ切手でも買取額が変わるのは当然のことですから、いかに高く売れる業者に依頼するかも、売る側の大事な仕事だと思います。