中国切手は高額買取になる可能性が高い

高く売れる?中国切手の希少性

切手は決して日本だけで発行されているものではありません。特に、最近は中国切手が高額買取になる可能性が高いです。昔から高額で取引されている中国切手は、やはり「赤猿」や毛沢東「毛主席」ですね。赤猿はその名の通り、赤い猿の切手です。毛主席の切手はいろいろなシリーズが発行されました。中国切手はあまり高く買取してもらえないと思っている人が多いのですが、実は高い買取額が期待できます。私も1枚中国切手を所持していました。残念ながら高額買取対象ではなかったのですが・・・中国切手というだけで気分が高まりましたね。

赤猿

特に高値がつくのは、文化大革命時代のものだそうです。1966年から1976年の間の切手ですね。切手収集が禁じられていたため、今中国でその時代の切手がブームです。

毛主席の長寿をたたえる切手

もちろん中国切手以外にも、外国切手で高い価値がつくものはあります。イギリスで発行された世界初の切手、ブラック・ペニーなどは高額買取してもらえます。希少性が高いため、世界で高い値段で取引されているのです。

ブラック・ペニー

骨董品として、美術品としての価値もありますので、外国の切手、特に中国切手に関しては高く売れることを知っておいて、売るときに活かしてくださいね。