切手買取で高額切手となるものとは?

高額切手の買取額を知ろう

切手には、高額切手と呼ばれるものがあります。では、どんな切手が高額といわれるか…具体的に知っておきたいですね。買取してもらうといくらになるのか、知ってみると切手も奥が深いことがわかります。私も、切手について調べてみて、かなり高く買取してもらえる切手があると知ってびっくりしました。

切手にはその切手の額面というものがあります。その切手を購入した金額、そして使用する際の価値として額面は存在しています。しかし、その額面と関係なく、さらに高い金額がつく切手が存在するのです。それが、いわゆるプレミア切手と呼ばれるものです。エラー切手など、ミスプリントで出回ってしまったものなどもプレミア切手です。

非現実的な高額切手ではありますが、明治5年に発行された桜切手(二十銭・赤紫色)が有名です。これは3000万円の値がついた、といわれています。今は4枚から5枚程度しか存在していませんので、それぐらいの価格がつくのもわかります。

それ以外にも、1856年に発行された旧英領ギアナ(現ガイアナ)での1セント切手もあります。こちらはなんと、落札額は日本円にして9億7000万円(950万ドル)でした。

ギアナ切手

もう少し現実的なものだと、明治8年に発行された鳥切手(十二銭・ハ)があります。また菊切手なども、5円や10円の切手が数十万円となります。

鳥切手